アンジェのS(mile)ING!

再就職させてください

公務員試験で使った参考書【文章編、その他】

f:id:moraruiro:20171016193508j:plain

◎ ◯ △ ーで使った参考書を評価する

 

◎速読英単語ー必修編ー

システム英単語と並ぶであろう英単語帳。

速読英単語は英文→全訳→単語解説の構成で、長文を繰り返し読むことができるところ。

文章量も多くなく、公務員試験と同程度。

私の高校では速読英単語を使用していたため、今回の勉強にも速読英単語を用いたがシステム英単語や、Core1900も公務員試験ではよく使われる英単語帳であるため自分の好みにあったものをオススメする。

 

◎公務員Vテキスト文章理解

社会科学では酷評してしまったVテキストだが、文章理解においては役に立った。

演習メインであれば文章理解についてはどの本でもいいと思うが文章理解攻略のキーポイントや解き方を冒頭で解説してくれているので不安は人にはいいと思う。

 

◎地方初級教養試験過去問350

最後の総仕上げに最適。

各単元ごと出やすい部分にも言及しており、捨て科目を作る中でもこの部分だけは勉強しておこうといった最低限を作るための手助けをしてくれる。

新・初級スーパー過去問ゼミと重複している部分はあるものの、数的処理や判断推理は如何に類題を解くかに限るので傾向を知る意味でもかって損はない。

 

ースーパー過去問ゼミ文章理解資料解釈

文章解釈のみ使用。

私はVテキストで殆ど補ったため、好みだろう。

こちらは大卒程度の問題であるため文章量が多いのとやや難。

 

 

公務員試験で使った参考書【人文科学編】

 

f:id:moraruiro:20171016152422j:plain

◎ ◯ △ ーで使った参考書を評価する
 
◎世界史Bの点数が面白いほどとれる本
高卒程度、大卒程度においても王道と言える面白いほどとれる本。
世界史は同年代のヨコの繋がりの把握が複雑ではあるが本書ではわかりやすく書かれている。後述するサイトと組み合わせればこれだけでインプットは完璧。
 
日本史Bの点数が面白いほどとれる本
日本史は高校時代に専攻していなかった為、導入本であるこちらを熟読した。
また、安土桃山~現代までに範囲を絞った。可能であれば平安時代から抑えておきたい。また江戸時代における享保寛政天保の改革は頻出であり、誰がどの政策をしたかが大事。
また、各時代の税制においては知っておく必要ああり、税制の説明文で時代の並べ替えをする問題もある。
講師である重野氏の説明がわかりやすく、またシゲノの呪文といったゴロで覚えるキーワードはなかなか馬鹿にできない。
 
◎オープンセサミ国家公務員地方初級 日本史世界史地理
面白いほども役に立ったが、演習においてこれほど心強かった本はない。
各単元ごと、そして総合問題と一つの教科に70問程度問題がある。
世界史は専攻していたため全範囲面白いほどとれる本を読んでもさほど時間はかからなかったが、日本史はイチからの知識の吸収だったのでまずこちらのテキスト部分に目を通し、面白いほどで知識を深めた。
テキスト部分に関しては日本史世界史は簡素であるものの、面白いほどと違う部分はタテで整っているということ。
他国との繋がり関係なくタテの部分でみたい場合は役に立つ。
例えば中国史は面白いほどでは元までと明以降ではかなりページが飛ぶ。しかし、こちらであればタテでつながっているので殷から現代中国まで連結している。
 
 
◯新・初級スーパー過去問ゼミ人文科学
演習用であるが問題数は多くないのでこれ一冊で人文科学の対策は難しい。
面白いほどとれるのような導入本は必須といえる。レジュメ部分が名前の羅列でしかないので戦争でどことどこが戦った、条約の中身など書いていない。名前の羅列要素が強くヨコの結びつきは世界史ではまず不可能。初学では無理。
ただし、単に作品と人物を結びつける思想、芸術はこれのみで十分。
 
 
△地理Bの点数が面白いほどとれる本
センター試験用においても、公務員試験用においても地理で絶賛されているテキスト。
なのだが、テキストも分厚く正直なところよくわからかった。
地理は初学のため導入本が必要だと思い購入したが、上記のオープンセサミのテキストと演習で問題ないように感じる。
しかし、産業別統計などはわかりやすくデータとしては見やすいものであるため、合う人は合うのではないか。
そして世界地図はあったほうがいい。
各国の気候区分などで役に立つ。
 
ースーパー過去問ゼミ人文科学
100円だったので買った、使わなかったので高卒程度であれば必要ない。
 
ーダイレクトナビ日本史・世界史
地方上級中級向けの本であるためここまでやる必要はまったくない。
最後の追い込みで購入したものの使いづらさと難易度の違いが顕著だったのですぐやめた。
 
参考書ではないが下記のサイトが非常に役に立った。
 

世界史の窓

世界史の用語集。

高校山川の用語集などある人はそちらを手にしてもいいが、こちらの充実度も素晴らしい。

勉強の息抜きに適当にページを眺めているだけでも知識や時代背景が身につく。

問題集を解く時や回答を見る時、こちらも合わせて見るとより深く知ることができる。

公務員試験で使った参考書【数的処理編】

f:id:moraruiro:20171016140805j:plain

◎ ◯ △ ーで使った参考書を評価する

◎新・初級スーパー過去問ゼミ(数的処理)

基本的に数的処理においてはこれだけで事足りる。数学的知識ではなく、算数的知識やパズルの要素があり中学受験をした人にとって見たことある問題が多く見られると思う。(旅人算や濃度問題等)

ただし過去問演習がメインのため、各題意ごとの問題は少ない。

特に濃度算に関しては1問しか収録されていないがC日程においては食塩水絡みの問題は今年度も出題されているため演習は積んでおいたほうがいい。

濃度算に関しては民間就職でよく使用されるSPIでも頻出のためかネットに問題が沢山転がっているのでそちらを活用したい。

◎新・初級スーパー過去問ゼミ(判断推理)

判断推理においても基本的にはこれで十分。判断推理に関しては謎解き要素がメインであるため、計算要素は少ない。

図をまとめる力や表を作る能力が試される。また、平面図形や空間図形における展開図や軌跡などの問題が出題される。上記の数的処理と合わせて図形問題は多く3~4問。苦手であればスーパー過去問ゼミの頻出問題のみ解いておくといい。図形問題に関しては下記の本が役に立つ。

◎判断推理がみるみるわかる解法の玉手箱

上記の新・初級スーパー過去問ゼミで理解できない場合、図形問題に関してはこちらが最適と言える。

国家二種相当の問題も含まれているが全体的に難問奇問は少なく、解説が丁寧であり、解法が数パターン用意されているものもある。

解法の玉手箱+スーパー過去問ゼミの2冊で望むといいだろう。

 

◯畑中敦子の天下無敵の数的処理 判断推理・空間把握

通称ワニ本。

公務員受験者で同じの畑中敦子シリーズ(逮捕されていたとはしらなかった)

ワニ本は問題が古く、今の出題傾向に適合しているかといえば怪しい部分もある。

優しいのでとっつきやすさはあるものの、解法の玉手箱のほうを推奨したい。

 

◯畑中敦子の資料解釈の大革命

日程次第で3~5問程度の出題が見られる可能性もあるが、基本的には2問程度しか出題されないため資料解釈に関しては殆ど勉強しなかった。

が、選択肢の消去法や巻末の資料が役に立った。

これ1冊を全てやりきってはおらず、気になる部分を解く程度だった。

特に、今年度の出題に関しては無勉でも選択肢をなぞりながら検証すれば解ける問題であり、複雑な計算を課されるものはなかった。

 

ー(評価なし)畑中敦子の数的処理TheBest

画像にあるのは大卒程度の問題集。

数的処理に関しては初級と上級でかなり問題難易度が異なるため、こちらは殆ど使っていない。高卒程度の問題であれば必要ない。

高卒程度の数的処理も売っているので気になるのであればそちらを手にとって見るといい。

 

公務員試験で使った参考書【自然科学編】

f:id:moraruiro:20171016000901j:plain

 

自然科学に関しては新初級スーパー過去問ゼミ、スーパー過去問ゼミ、過去問ダイレクトナビを購入したものの殆ど使用しなかった。

 

また、演習が初級スーパー過去問ゼミでは圧倒的に足りない。

1冊に物理・化学・生物・地学・数学が含められているためこれ一冊で対応することはまず不可能。

自分は理科が大の苦手であり、高校の定期テストも欠点ギリギリの点数、模試に至っては偏差値最高45程度だったので時間効率を考え学習しなかった。

 

物理…専攻していないので全捨て

化学…専攻していないので全捨て

数学…二次関数の簡単な問題のみ

生物…植物、遺伝のみ

地学…新・初級スーパー過去問ゼミの問題のみ

 

ダイレクトナビに関してだが、こちらは選択肢の正文化、一問一答ができるものであるが初級編では全く意味を成さないと思う。

やるなら大卒程度の試験で使うべきで(本来上級中級編と書いてあるので正しいが)あるため購入必要はない。

 

ほぼ全捨てしているため自然科学に関してはアドバイスできる面がない。

基本的に自然科学の出題は7問。他の分野に比べると重要性という中では一歩低いものの、全て間違えてしまった場合、1問2点と仮定した時その時点でもうテストの15%程度捨てることになってしまう。自治体によって、採用人数や受験者数でボーダーが8割近くの可能性もあるため、最低でも生物と地学は完成させておいたほうがいいのではないだろうか。

 

教科書があれば教科書、なければセンター試験受験生おなじみの~が面白いほどとれる本を推奨したい。

 

 

 

公務員試験で使った参考書【社会科学編】

f:id:moraruiro:20171015235415j:plain


(一部人文科学が入っているが気にしない方向でお願いします。)

◎ ◯ △ ーで使った参考書を評価する 

 

◎新・初級スーパー過去問ゼミ

基本的に社会科学においてはこれで十分。

問題難易度も高くなく、高校の現代社会などで習った知識で対応できる。

しかし、政治経済社会において時事問題が出題される。

時事問題については本書のみでは対応できないので別途『速攻の時事』を購入することをオススメする。

今年度の試験においても速攻の時事からそのまま出題したのかと思うほどの問題があった。

 

◯新過去問クイックマスター社会科学

大卒程度の問題に対応。

レジュメがわかりやすく、各国の大統領制の違いなどは初級スーパー過去問ゼミより優る。

問題においても応用レベルまで解く必要はないものの、基本レベルはある程度一般常識で解けるものもあるので予備知識として詰め込んでおきたい場合、社会科学においては大卒レベルの参考書でも問題ないと言える。

 

△公務員Vテキスト 社会科学

わかりにくいの一言。これだけでは試験に対応できない。

予備校出版物であるため、授業のプラスとして使われるものかもしれない。

少なくとも社会科学においては全く必要性を感じない。

 

ーオープンセサミ国家公務員地方初級 政治経済社会

新・初級スーパー過去問ゼミの問題演習で十分。テキスト部分で使用するかどうかいったところ。ちなみに人文科学編で触れることになるが、日本史世界史地理に関しては最強のコストパフォーマンスを発揮した。

 

現代社会の点数が面白いほどとれる本

筆者のセンター試験現代社会97点に導いてくれた本であるが今回はあまり役に立たなかった。

というのも、2017年に対して私が使っていたバージョンは2005年のもの。

流石に12年も前を現代社会といえる部分が少なく評価なし。

最新版を使うといいが社会科学に関しては面白いほどを買ってまではというのが正直なところ。

 

 

公務員試験ーはじめにー

今回高卒程度のC日程市役所試験、大学職員試験、県職員試験を受け勉強期間1ヶ月と数日で筆記を全通することができたので公務員を志すものの参考になれば幸いである。

 

また、今回は教養のみの自治体向けである。

 

・独学で可能か

結論からいうと可能である。

私は独学で行い、参考書に関してはブックオフなどで中古の本を買い経費削減に努めた。

科目によっては古すぎるものは制度の変更などにより意味を成さないものもあるため可能であれば2~3年落ちのものまでにしておきたい。

 

・勉強時間について

今回私は勉強開始時期が遅かったこともあり、試験1週間前までは起きている時間の殆どは勉強に費やした。とはいうものの、今まで継続して勉強する習慣が全く身についていないため他の方と比べると甘めだとは思う。

 

10時~18時 図書館で勉強

18時~21時 夕食 風呂 自由時間

21~1時 勉強

1時~6時 就寝

6時~9時 朝食 ニュースを見る 新聞を読む 前日の復習

 

・捨て問の重要性

公務員試験にあたって、全範囲勉強するのは至難の業である。

如何に捨て問、捨て科目を作り効率よく勉強していくかが重要である。

f:id:moraruiro:20171016202807j:plain

市役所[大卒] | 公務員試験ガイド | 実務教育出版より。

大卒と高卒で多少の違い、自治体によって50問であったりと多少の違いはあれど概ね上記のとおりである。

カテゴリ別に分類すると

社会科学 (法律 政治 経済 社会)

人文科学 (日本史 世界史 地理 思想 芸術)

自然科学 (物理 化学 生物 地学 数学)

一般知能 (文章理解 数的処理 判断推理 資料解釈)

 

この中で捨てては行けない、必ずやらなければならないのは社会科学と一般知能である。

数的処理や判断推理は計算問題もあり、数学的要素もあるが高卒程度公務員試験においては優しい問題が多めであり複雑な計算過程は少ない。

筆者はセンター試験において数学で24点という驚異的な数値を叩き出したが高卒程度の数艇処理判断推理に関してはほぼ解けた。

 

残るは人文科学と自然科学である。

こちらに関しては全てを網羅しようとすると時間がいくらあっても足りない。

捨て科目を作るべきである。

一般的な考え方をするとすれば

自然科学から2つか3つと

人文科学から2つか3つ

である。

理系であれば物理化学を専攻していると思うため自然科学については全て対応できるのではないだろうか。

地学は理科の中でも覚えることが公務員試験の範囲であれば少ないため、独学でも十分可能である。

しかし、私は文系で且つ理科が大嫌いであったため最低限しか把握せず殆ど人文科学のみでいった。

とはいうもののあまりオススメではできないので生物・地学はやっておいたほうがいい。

 

A日程やB日程と違い、C日程高卒程度はボーダーが高くなる傾向があるため、はじめから捨て科目を作りすぎることは自分の得点を下げる原因となるので高校生であれば教科書、大学生、既卒者であれば過去の経験、参考書などで判断をしたうえでやるべき科目、やらない科目を選ぶべきである。

主催者うんちさんの仲間大会アマウンチカップの雑感

f:id:moraruiro:20171009232708p:plain

ゲンガー@ゲンガナイト 臆病CS

まもる みがわり ほろびのうた みちづれ

ガブリアスきあいのタスキ 陽気AS

げきりん じしん がんせきふうじ ステルスロック

ガルーラ@ガルーラナイト 意地っ張りAS

ねこだまし すてみタックル れいとうパンチ じしん

ウルガモス@イアのみ 図太いHBs

おにび あさのひざし むしのさざめき かえんほうしゃ

ゲッコウガ@ミズZ 臆病CS

あくのはどう れいとうビーム みずしゅりけん ハイドロポンプ

サンダー@ゴツゴツメット 図太いHBds

ボルトチェンジ めざめるパワーこおり はねやすめ どくどく

 

6-4で大した成績ではありませんが久しぶりにブログを書きたかったので書きました。

やっぱりガルーラって強いなって思いました。

あとゲッコウガカプ・テテフ対面でエスパーZって打てるもんなんだなぁと思いました。

個人的にはムーンフォースが安定していると思うのですがどうなんでしょうか。

楽しかった試合はゲッコウガと霊獣ボルトロスが初手で対面し、スカーフ一点読みでガブリアスに引いた後 じしん 相手もそのままボルトチェンジで捨て

じしんをしばらく打った後ステルスロックを巻いてがんせきふうじでボルトロスを落としたあと裏のカプテテフとバシャーモをそのままガブリアスで倒した試合は自分のプレイングを自画自賛しました。

 

あとはメガゲンガーグライオン対面でまもるみちづれで牽制しながら相手がみちづれすかしのみがわり打ってきたタイミングでほろびのうたを打って意地でもグライオンと1:1交換しにいった試合は脳汁がでました。(その後降参を頂きました)

 

サンムーンもシーズンラストなのでレートも頑張りつつ、色々やっていこうかなと思います。

ただ、気軽にいろんなポケモンを使える仲間大会は楽しいなと思いました。

 

主催者のうんちさんありがとうございました。

うんちさんをリスペクトしてウルガモスを地雷枠として使用したのですが、当たったPTがバシャーモ入りやカバリザが多くおにびを打って粘る戦いができなかったのでちょっと弱かったです。

もうちょっとほのおを牽制しながら物理を呼ぶPTだったら強かったかなと思いました。

1つプレイングミスをしてしまってこのウルガモスで勝てる戦いを落とした試合があり、それが残念でした。スカーフカプテテフとオニゴーリが残っており、こちらはウルガモス

相手はオニゴーリから展開してきてメガシンカしてだいばくはつ

このだいばくはつを読んであさのひざしを打つべきだったのですがそのまま削れてカプテテフのエスパー技がサイコキネシスではなくサイコショックだったのであさのひざしを打っていればイアのみも合わせてサイコフィールドが切れるまでひざしを連打して勝てていたのがもったいないことをしてしまいました。

オニゴーリがムラっけ型であってもむしのさざめきがある分みがわり貫通できるのでオニゴーリから来る メガシンカしてだいばくはつを打ってくるという読みをするべきでした。

 

長くなりましたがおわり。

まぁ、うんちも長いほうがなんか出した感あるしいいですよね。