アンジェのS(mile)ING!

再就職させてください

キミにきめた!

少しばかり遅れてキミにきめた!を観に行ってきました。

 

以下、感想。

オリジナルのアニポケを見ていた場合、パラレルワールドと割り切れるかどうかで見方が色々変わってくると思う。

 

ボクは映画を見ながらここはこうだったのにな、とか えっ、ここは省くのかといったようなオリジナルとの違いを見つける・感じるほうに傾いてしまってソウジやマコト、クロスといったキャラを知ろうとすることがなかなかできなかった。

 

ピカチュウとの出会いからオニスズメ戦までのテンポがいい意味でも悪い意味でも早くピカチュウがサトシに靡くのが早いんじゃないかなとも思ったりもした。

他にもヒトカゲリザードリザードンにおいても反抗期がないリザードリザードンとか(とはいえキミにきめたで一番活躍したのはリザードンだと思う)

ただ、キャタピートランセルバタフリー→別れは非常によかった。

オリジナルでピカチュウと夜に進化等について語り合っていたシーンが映画でもあり、別れまでの過程の中でオリジナルでも一番好きなシーンなので見れてよかった。

 

・ホウオウがにじいろのはねを託した理由

・虹の勇者とは結局なに

マーシャドーの目的

・やな感じだけで消えるロケット団

・サトシ消滅からの復活などなど

特に最後については折角ライコウエンテイスイクンというホウオウが命を救ったポケモンの話がでているのだからサトシ消滅もホウオウが命を与えるという意味でホウオウが復活させたほうがよかったのではないだろうか。

ただ、マーシャドーがでている(にじいろのはねは輝きを失っている為ホウオウが呼び出せない)というところがミスマッチか。

 

あと、やたら「バトルしようぜ!」という言葉が飛び交っていたのでライバル!も新たなバージョンを出しても良かったんじゃないかな。

 

トーリー全体で考えるとイマイチわからないところがあったものの、面白かったと思う。

 

髪をおろしたマコトはかわいかったし、洞窟で濡れた身体を温めているところでははだしだったしアングル的にもなかなかえっちな感じがした。

ラプラスを出す前の余韻を感じさせるようなボールにキスもグッド。

台詞が棒なのか棒でないのかは非常に怪しい部分であるがまぁ可もなく不可もなくだろう。

 

エンディングではタケシのシルエットから始まり最後はセレナで締めるという何ともにくい演出があった。

ハルカのおっぱいは相変わらず大きかったし、ヒカリの太ももは眩しかった(なんかバランスがあってない気もしたが)

アイリスはまぁ、うん。

 

映画館にはユニクロで買ったピカチュウのTシャツをきていたが、ちびっこたちにも全く気づかれなかったことからボクの存在はマーシャドーに近いのかなと思った。

 

また観に行く機会があれば、今度はマコトやソウジに注目しながら、マーシャドーの意図を考えながらみてみたいと思う。

 

ちなみにマーシャドーは3匹(日仏伊)

サトピカはまだシリアルコードのまま残ってますので交換できます。

 

それでは。